>>めんげん辞典<<

【冷えとりQ&A】靴下を10枚履いていましたら歯ぎしりがひどいので、履くのを止めました。元に戻るんでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約1分で読めます。
相談内容 七福神様より

靴下を10枚履いていましたら歯ぎしりが物凄くひどくて昼間でも履き止まりません。
仕事にも差し支えると思って靴下を履くのを止めました。
歯ぎしりは元に戻るんでしょうか?
お返事お待ちしております。

歯ぎしりは以前にもお伝えしたように肝臓の毒出しだと思います。
歯は腎臓と関係がありますから、肝臓が腎臓に毒を受けて助けて貰っていたとおもいます。

五行説

腎臓は一番「冷え」に弱いですから、靴下を脱いだら腎臓に毒が溜まることが多くなると思います。
靴下を脱いでも歯ぎしりは治らないと思いますが。

もし、治ったとしても「冷え」が溜まり、毒出しの力が弱まりますので内臓に何らかの影響が出ると思いますが、私は医者ではありませんので確実とは言えませんが、今までの経験上からお話させていただきました。

そのまま「冷えとり」をして肝臓の毒を減らした方が良いと思いますが、後は貴女のご判断に委ねますのでご自由になさって下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました