>>めんげん辞典<<

肝臓の毒は鼻に出る‐顔に出るめんげんの原因

めんげん
この記事は約4分で読めます。

まだまだ続く新型コロナウイルスの猛威

気が付くと今週末は祝日(建国記念の日)があり、連休になりますね。
少し前はようやく「新型コロナウイルス(デルタ株)」の新規感染者が収まり、やっと旅行や外出のお客様が増えていたところなのに、また「オミクロン株」の出現で新規感染者が爆発的に増え、旅行や外出を取り止める方が多いとの事で、旅行会社や色々なサービス業の方々は、がっくりと肩を落としておられるのではないでしょうか?

本当に一日も早く終わりにして欲しいと思うばかりですが、もしかしたらもっと新しい形のウイルスが出現するかもしれませんね。それはまだ分かりませんし、そうならないように願うばかりです。
いずれにしましても、しっかりと「冷えとり」をして免疫力をアップさせていてくださいね。

春は肝臓の毒出し

さて、以前から「春は肝臓の毒出しの季節です」とお話をしてきました。
肝臓が悪い人の性格として「せっかち、短気、威張る、何でもきちんとしていないと気が済まない」とか色々ありますが、これらはあまり喜ばしくない方の性格です。逆に、良い方の性格としましては「真面目」という事があります。お仕事に関してはとても信頼が厚い人という事になります。何でも真面目にキッチリこなすからです。

ですから、肝臓が悪いと言っても悲観することはありません。しかし、度が過ぎると周りの人々との人間関係が上手くいかなくなることもありますので、用心して下さいね。

肝臓に毒が溜まってくると「鼻に出る」と聞いています。昔の人は「鼻のてっぺんに出来物が出来たら触ったらいけない」と言っていたそうですが、昔は東洋医学が主流でしたので、そういう考えが広がっていたのかもしれません。

他には、アニメやお芝居などで出てくる酔っ払いは、鼻を赤くしています。お酒を沢山飲むと肝臓に毒が溜まりますので、その毒出しとして鼻が赤くなるようです。子供の頃、クリスマスの日に父から聞いたのですが「サンタクロースが乗ってくるソリを赤鼻のトナカイが曳いて来るだろ? 欧米では、どちらかと言うと酔っ払いは馬鹿にされる風習がある『酒に溺れて自己管理が出来ない駄目な奴だ』という意味でね。それで赤鼻のトナカイはトナカイ仲間から馬鹿にされていたところをサンタクロースが救ったというわけだ」というお話でした。(所説あると思いますが)トナカイは酒豪ではないと思います。面白い話ですよね。

顔に出るめんげんの原因

内臓によってそれぞれ顔に出る毒出しの場所が違います。

例として、消化器の場合は、上瞼、下瞼のすぐ下(際)あたり、額、眉間、こめかみなどです。

腎臓は顎に出ます。転んで顎を打ったという場合は、体が腎臓の毒を出すために「転ばせて顎を打たせた」と思われます。その時は「こんなところでどうして打ったのだろう? 」と思うところで怪我をしたりしますが、こういう理由のようです。面白いですね。

よく、我が家の猫が甘えて膝に乗ってきて、私の顎を甘噛みする時がありますが、もしかしたら腎臓の毒を出してくれているのかもしれませんね? 甘噛みでも噛まれる方は痛いので勘弁して欲しいです。

他に、若い方などが顔にニキビが出る事がありますが、ニキビは性器(女性は子宮・卵巣、男性は前立腺・睾丸など)の毒出しなのだそうです。

性器は、肝臓と腎臓の毒が多いと支障をきたしますので、出来たらしっかりと「冷えとり」を実行していけば徐々にニキビも減っていくと思います。

その時には、顔をこまめに洗えば良いと思います。特に、皮膚からの毒出しは水やお湯に良く溶けるからです。

私が高校生の時に、クラスメートでニキビの酷い子がいました。顔全体に広がって毎日とても辛そうでした。今思うととても大変だったのではないか? と思います。あの頃は、私は皮膚トラブルというものを全く経験したことが無かったので、彼女の辛さ、大変さが全然分かりませんでした。

今は、色々皮膚に「毒出し」があり、ニキビとは違いますが、皮膚トラブルの辛さが改めて分かるようになりました。自分が経験しないと分からない事が多々ありますね。

さて、北京で冬季オリンピックが始まりました。日本人選手が各種目で活躍してくれています。中には、メダルを期待されていたけれど残念ながら獲得できなかった選手もいますが、国の代表として出る事だけでも凄い事ですし、心身ともに大変な努力を子供の頃から重ねてきたのですから頭が下がります。悲観することなく胸を張って日本に帰ってきてください。皆さんの雄姿を拝見させていただいて感謝以外の何ものもありません。
まだまだ、大会は続きます。引き続き「頑張れニッポン!」

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました