>>めんげん辞典<<

【冷えとりQ&A】湯たんぽを置く場所は?低温火傷は毒出しと関係ありますか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
AT様 いただきましたご質問に返信いたしましたが、メールアドレスが違っているようで届きませんでした。今後もご質問をいただく場合は、ご自身のメールアドレスのご確認をよろしくお願いします。
相談内容 AT様より

湯タンポ3個入れて眠りにつきますが湯タンポの置き場所、ふくらはぎのした、足の下、ほか、もう1ヵ所腿の裏に当たるように置いて横向きで寝ております。

人それぞれでしょうが、配置図の絵をどこかにのせていただけますか?
よりわかりやすくなるために。

あと低温火傷、これも毒があるからでしょうか。

ご質問の件ですが、湯たんぽは足元に入れるのが基本ではありますが、足元に入れた上で人それぞれ辛いところなどに置いていただけると良いと思います。
ふくらはぎと太腿の裏はどちらも婦人科(肝臓・腎臓)の毒が出るところです。
配置図に関しましては、前向きに検討はしますが、今のところは本に乗っている「内臓の毒が出る箇所」の図と照らし合わせていただき、ご判断いただけましたら有難いです。

低温火傷も「毒出し」の一つの症状です。
その人の悪い(毒が溜まっている)内臓の経絡(筋)が低温火傷になるようです。
本に書いてあるように、怪我などもそうですが「毒がいっぱいで内臓の毒を出さなければ内臓が困る」という時に色々な症状で出るようです。
色々な方々のお話や自分自身の経験から、納得できるものだと思います。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました