>>進藤幸恵の冷えとりラジオがはじまります<<

【冷えとりQ&A】幸恵さんが一番驚いためんげんは何ですか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 きゅん太郎様より
幸恵さん、ブログをはじめていただきありがとうございます。
冷えとり7年目。ゆるーい冷えとりですが続いています。
つまらない質問で、ごめんなさい。
幸恵さんが一番驚いためんげんは何ですか?
私は、生理痛が楽になったり食べすぎると口内炎がひどくなったり、歯の悩みは今でも尽きませんが一番はオナラです。
子供の頃家族の前で我慢をしていたせいか聞いたことのない、長く大きなオナラがでたときはひっくり返りそうになりました。
でるもの全て毒だしと思い、場をわきまえながらオナラを出しています。
でも、あの時味わったでっかいオナラは最近でてないです。出しきったのかな~

私が今までで一番驚いた瞑眩は、両足首から徐々にウエスト辺りまで広がっていった湿疹です。
その頃は、まだ「冷えとり」を初めて7~8年くらいの時で、靴下も6枚くらいの時でした。
それまでは、皮膚トラブルは一度もなく、産まれて初めての事でしたので余計にショックでした。

経験をした方はお分かりと思いますが、皮膚の内部から誰かが小さな針で突っついているようなムズムズした痛痒さと猛烈な痒みはとても辛いものでした。
精神的にもイライラしてしまいました。

本にもあるように、皮膚からの毒は湯や水に溶けやすいので、湯船の中で掻き毟るととても気持ちが良くて知らない間にウトウト寝てしまうほどでした。が、お風呂から出て体を拭いたとたんに猛烈な痒みが襲ってきます。太腿の内側などは、掻いた部分からすぐに汁が出て、新しい肌着にすぐ汁が染みてしまっていました。

就寝中も痒くて何度も目覚めて掻き毟り、あまりに痒くて眠れないので再度湯船に入って一晩中湯船の中で過ごしたこともありました。
布団で朝まで寝た時は、寝ている間に無意識に掻き毟っていたらしく、朝起きると爪の中にカサブタや血の塊が付いていることが何回もありました。

そんな状態が4年くらい続いたのですが、ある時ふっと気が付いたら、あんなに酷かった痒みが治まって、ビックリするくらいきれいに元の皮膚に戻っていたのは驚きでした。
きっと、その時はその時のノルマの「毒」を出し切ったのだと思います。

その何年後から、他のところに色々湿疹が出て今も戦っていますが、最初の辛い皮膚の毒出しを乗り越えた経験があるので、今も踏ん張っていられると思います。

貴女も頑張って出してください。

 

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました