>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

進藤幸恵の冷えとりライフ

冷えとり健康法のことを徒然に語っていきます。

冷えとりライフ

「冷えとり」の本を読むときのコツ

急に暖かくなり、まだ硬いと思っていた桜の蕾が急に開いて、あっという間に満開になりました。例年でしたら、お花見で賑やかな光景を目にするところですが、まだまだ「コロナ禍」でお花見はお預けという状態が続くようです。 しかし、桜の樹の場合は、...
季節の冷えとり

春は山菜(灰汁)で 肝臓の毒出し

桜が早々と咲き始めました。 よく昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、春のお彼岸入りになりました。これから、徐々に春らしい陽気になるようです。 私が住んでいる中部地方は、本来でしたら3月下旬から4月の始めくらいに桜が満開にな...
冷えとりライフ

「東日本大震災」に寄せて-冷えとり的防災用品

2021年3月11日は、東日本大震災という大災害が起こってから10年目です。 10年前のあの日は、テレビの映像を見るたびに、同じ日本国内であのような大惨事が起こっているという事が信じられませんでした。不謹慎ですが「これは現実ではなく、...
冷えとりライフ

「新型コロナウイルス」のワクチン接種について

最近、毎日のように「新型コロナウイルス」のワクチン接種のニュースを見聞きします。 当たり前ですが、皆様の関心も高くなっているようで「新型コロナウイルスのワクチン接種についてお尋ねしたい」というお問い合わせも増えてきました。 ワクチン...
冷えとりライフ

原則を守って無理なく冷えとりを続ける-寝具について

真綿の布団が一番だけれど? 以前、ある勉強会の会場で「幸恵さんはどんな寝具で寝ていますか? 」というご質問をいただきました。 「今のところはホームセンターで買ったごろ寝マットで湯たんぽを入れて寝ています。自分で販売しているシルクの毛...
冷えとりライフ

寒中お見舞い申し上げます-「頭寒足熱」靴下を増やしてみよう

今日(1月20日)は、二十四節季の中の「大寒」との事で、一年の中で一番寒い時期との事です。 昨シーズンは暖冬で、雪が極端に少なく、スキー場は十分に営業が出来ずに困っておられましたが、今シーズンは逆に大雪のところが多くて、色々な被害が出てい...
冷えとりライフ

「万病」を治す冷えとり健康法

色々な方々から「本を読みましたが、私の病気の事が書いてなかったので、どうなのでしょうか? 冷えとりで治りますか? 」というご質問を受ける時があります。 すべての症状は毒出し 「冷えとり」を推奨している立場の人間に「治りますか? 」と言わ...
冷えとりライフ

神様!仏様!アマビエ様? - 冷えとりをしていると人生が良い方向へ行く?

明けましておめでとうございます。 今年のお正月は今までとは違い、里帰りも出来ず、新年会も出来ずなど、色々制限の多い窮屈で残念な思いをした方が多かったかと思います。中には「毎年、旦那の実家に行って、正月早々から姑や嫌いな親戚から嫌味を言...
冷えとりライフ

サンタクロースは大丈夫?-ワクチンの安全性

子供時代は、この時期が好きでした。何故かというとおもちゃを買ってもらえるのと、ケーキが食べられるからです。 我が家では、お誕生日とクリスマス以外はおもちゃもケーキも買ってもらえないという決まりでした。 子供時代は、父が静岡県の伊...
冷えとりライフ

「虫」食べたいですか?-人間も自然も経済も循環が必要

数か月前に、あるテレビ番組で「昆虫食」について特集していました。 将来、人口増加で世界中が食糧難になる可能性が高いので、家畜よりも繁殖力が高く、低コストで養殖出来て、しかも栄養価が高いという事で国連も推奨したと報じられていました。北欧...
冷えとりライフ

私のお気に入り「冷えとりグッズ」

靴下は正活絹(せいかつけん) 父が「冷えとり」を提唱し始めた頃は、今のような「シルクの5本指靴下」などありませんでした。その当時は、ごっつい綿の軍足タイプの「コットンの5本指」のみでした。と以前にお伝えしました。 その後は、色々なメ...
冷えとりライフ

どうします? インフルエンザのワクチン接種

この時期になると、色々な方から「冷えとりをしていればインフルエンザのワクチンは打たなくても大丈夫なのでしょうか?」と言うお問い合わせをいただきます。 正直なところ、私は打っていません。確か小学校や中学校の時は、半強制で打たされた覚えは...
冷えとりライフ

私の「冷えとり」生活について

「進藤幸恵の1日」のリクエストを頂きました。皆さん興味をお持ちのようですが、正直「うーん。どうしよう」というのが最初に出てきました。 何故かと言うと、私の生活に関しては、皆さんが羨むような田舎暮らしをして、ナチュラルライフを送っている...
冷えとりライフ

「冷えとり」でwithコロナ?

2020年のお正月。 世界的な大イベント「東京オリンピック・パラリンピック」が開催される年で「世界各国のアスリートがどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろう」と期待に胸を膨らませた方が多かったですね。アスリートの方々も、幼いころから夢を...
冷えとりライフ

最初は「冷えとり」を信じられなかった

よく思い違いされるのは、私が幼少期から「冷えとり」をしていて、お手本になるような元気な「冷えとりキッズ」だったのではないか? という事です。 全然違います。 冷えとりなんて、信じられない 私の幼少期...
タイトルとURLをコピーしました