>>めんげん辞典<<

進藤義晴について

進藤義晴について

先天性疾患の原因-進藤義晴先生の生まれ変わりに関する不思議な話

生まれつき食べ過ぎ? 北海道を除く各都府県が梅雨入りとなりました。 毎年、この時期は憂鬱です。今はまだ気温もそんなに高くないのでまだ良いのですが、これから暑さが増してくると本当に嫌になります。 よくお話していますように、私は消化器...
冷えとり体験談

お風呂は病院-毒が「垢」で出る

2~3日前に「関東地方が梅雨入りしました」というニュースを聞いて驚きました。私の住んでいる愛知県はまだ梅雨入り宣言がありません。 今までの常識では、梅雨は沖縄・奄美地方から九州地方・四国、中国地方から徐々に東に移ってくるのが当たり前で...
季節の冷えとり

動悸も心臓の毒出し-フルーツの害を減らす方法

真の診察とは 先週土曜日に2回目の「新型コロナワクチン」の接種を受けました。 副反応は、前回と同じで接種箇所とその周辺が数日痛かっただけです。発熱も、他の症状も無く無事に過ごせました。 今回の接種時に椅子に座った時に担当医が「ちょ...
冷えとり的考え方

進藤義晴の入院 その後-病院側にすべてお任せします

厳しい寒の戻りになりました 少し前から、春らしく暖かくなってあちらこちらで桜の開花宣言が聞かれるようになり、いよいよ「春本番」と思っていましたら、急に真冬のような寒さになりました。 春は「三寒四温」と言って気温の変動が激しいのが当た...
進藤義晴について

父・進藤義晴が入院しました-入院時の冷えとり的考え方

最近、急に気温が上がって、先日は東京では夏日になるほどの気候だったようですね。 でも、まだ寒の戻りがあるという事ですので、安心できません。引き続き足元をしっかりと温めていてください。 我が家では、暖かくなってくるとすぐに茶色い蚊が出...
冷えとり的考え方

冷えとりすれば乾燥しない‐オフィスでの冷えとり‐「戦争」は強欲が一番の敵

戦争は強欲が一番の敵 先週の水曜日は70年前に日本が真珠湾攻撃をした日でした。そこからアメリカとの無謀な戦争が始まり、双方大きな犠牲者を出すという悲惨な戦争に突入して行きました。 よく戦争体験者の方々が「戦争はいつの世でも、勝っても...
進藤義晴について

最初は信じてもらえなかった冷えとり

素晴らしい秋の日のニュース 素晴らしいニュースが飛び込んできました。今年のノーベル物理学賞は、アメリカのプリンストン大学の気象学者・真鍋淑郎さんが受賞なさる事になったというニュースです。このニュースはコロナ禍での日本を明るくしてくれたよう...
冷えとり的考え方

原爆病が冷えとりで改善-冷えとりに手遅れはない

最初に、先週から続いている異常な長雨・豪雨の被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。1日も早く元の生活に戻れますように祈っております。そして、被害に遭われて、残念ながらお亡くなりになられた方々には、心からご冥福をお祈りいたします。...
冷えとり書籍

「冷えとり本」誕生秘話

冷えとりの本を出しましょう! まだ、昭和(1980年代)の時代ですが、父が東洋医学の開業をしていた頃に、一人の患者さんが来院されました。その方はいわゆる自然食といいますか、食と健康についての研究をなさっておられる方で、講演会を行ったり、本...
進藤義晴について

奇人? 変人? -進藤義晴について

よく、他人とは違った考えを持っていたり、常識とは違った行動をする人を世間では「あの人変人だね」とか言います。 もちろん、周りの人たちに迷惑をかけたり、不快な思いをさせるのは良くない事ですが、新しいことを考える「発明家」と呼ばれる方々は...
冷えとりライフ

「虫」食べたいですか?-人間も自然も経済も循環が必要

数か月前に、あるテレビ番組で「昆虫食」について特集していました。 将来、人口増加で世界中が食糧難になる可能性が高いので、家畜よりも繁殖力が高く、低コストで養殖出来て、しかも栄養価が高いという事で国連も推奨したと報じられていました。北欧...
タイトルとURLをコピーしました