>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

【冷えとりQ&A】冷えとりを強化したら顔に症状が出ましたが靴下が破れません。毒出しはできているのでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 AD様より

私は、30歳女性です。3年ほど前から靴下の重ねばきや半身浴に取り組みはじめましたが、女性ホルモンの分泌がもともと悪いためピルを10年ほど服用しており、アレルギー症状や蕁麻疹が出やすいため、抗アレルギー薬を5年以上毎日服用し続けています。

24歳くらいから、顔の湿疹や赤みが出たり治ったりを繰り返し、皮膚科で処方される軟膏を手放せない生活が続きました。冷えとり健康法では、薬を使わないほうがよいという情報を知っていながら、見た目に出る症状が嫌で、薬を使用していました。

転機になったのが2021年末、もう一度先生の書籍を読み直し、薬をやめてみよう。冷えとりを強化してみようと思い、靴下の枚数を6枚から12枚、半身浴を30分から1時間に、服用していた抗アレルギー薬や軟膏(ピルは飲んでいます‥)をやめてみました。

すると、思っていた通り、顔は赤くがさつき、痒みが増しました。これはめんげんだ、毒を出してくれているんだ、と思うようにしていますが、一つ気になる点が‥。靴下が破れないのです。毒が出せていると靴下が破れると聞きますが、顔の症状がひどくなるばかりで、靴下は綺麗なのです。症状ばかりが目立ち、靴下が破けないということはあることなのでしょうか。それとも、顔の症状は毒出しとは関係のないことなのでしょうか。
教えていただけると、とても心の支えになります。

ご質問の件ですが、靴下が破れるばかりが瞑眩(毒出し)の症状とは限りません。色々な症状が毒出しです。貴女の場合は、靴下が破れる代わりに顔の赤みや痒みとなって毒が出ているのですから、心配は要りません。

今は酷く出ていても、もっと毒が出て行けば徐々に顔の赤みや痒みが収まってきますので、頑張って下さい。もっと「冷え」が取れてきて内臓が元気になれば、婦人科も良くなってきますので、そのうちに「ピル」も自然に要らなくなると思います。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました