>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

【冷えとりQ&A】不妊治療に伴う不調は瞑眩ですか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約7分で読めます。
相談内容 のんのん様より
長い過程になります。不妊治療の体質改善の為、去年の8月から鍼灸に通い始めました。約2ヶ月後頃から平行して漢方薬を飲み始めた途端に、ストレスで前から少しずつ出ていた顔の湿疹が急激に悪化し、回りすぎたのではないかということで漢方を辞めました。

痒みも強く、ステロイドやアズールを1年程使用していましたが良くならず。薬によるただれもあるかもとのことで辞め、保湿効果のある水だけでしばらく肌を空気に触れさせ、純粋ココナッツオイルの保湿にするだけで、数ヶ月かけながら次第に軽減していきました。

しかし、この夏に入ってから首に汗疹ができました。もともとあった生理痛は皮膚に出始めていた頃から無くなっていました。それから今年になり、7月下旬頃から冷えとりに気が行き、やり始めました。丁度採卵をする1週間前頃で、注射を打ち始めて薬が増量された途端に、少し調子の悪かった腸の動きが悪くなり、頭痛と嘔吐、腹痛、初日は軟便多量ありました。注射が終わるまでの1週間毎日嘔気、嘔吐、腹満感、便秘で辛い日々でした。その間、顔や首にできていた湿疹、汗疹は引いていました。無事に採卵でき、嘔気が治ったのを気に、重湯から食べ始めました。

1週間した頃、暑い夏の中外を歩いて大量に汗をかき、お腹が空いて、にんにくがきいた参鶏湯を食べました。その夜、頭痛と胃腸の気持ち悪い感じが蘇りました。

翌日からリンゴジュースや重湯にし夕食を抜いたり調整しました。翌々日朝から、突然に強い生理痛とともに腸が動き4日ぶりに排便が少しありました。しかし、胃腸の動きが戻らず普通食が食べられないのが3週間程続いています。

私の場合、冷えとりを始める前から皮膚に内臓のデトックスとして出ていたと考えています。しかし、それから冷えとりを始めて、もともと弱い胃腸に急激にメンゲンが出たのでしょうか?

劇的な症状で今までに無く長期戦です。夏バテなのかストレスなのか、注射の副作用なのか、色々と体質改善に取り組んできたこの1年半程で、身体が悪くなったのかなと心配するほど次から次と色んな症状が出てきて、疲れてきております。よくなろうとするメンゲンでしたら嬉しいのですが、何か教えていただければ有り難いです。

皮膚に色々出ていた湿疹は内臓の毒出しです。

首に汗疹が出ていたのは、後ろの首の付け根辺りなら婦人科ですし、その他なら主に消化器の毒が出たので、生理痛が緩和されたのです。

その後、採卵の為の注射が始まったという事で、どうしても薬は体を冷やしますので、また色々な症状が出たのです。(軟便は、毒出しの一つですから今後は喜んで出してください)

リンゴジュースは少しなら良いですが「冷えとり」的には冷やす食品になりますから、あまり沢山飲むのは良くないです。

重湯よりも普通(白米でも)のご飯をよく噛んで食べる方が余程良いと思いますし、喉が渇いたら麦茶や緑茶を飲んだ方が良いです。冷たくても体を冷やしません。温度が問題ではなく成分が問題ですので、冷やした麦茶や緑茶や水などを飲めば良いと思います。(ブログにも書いてありますし、本の食品のところにも書いてありますので良かったら読んでみてください)

色々な症状が出ますが、全ての症状は毒出しですから、考え方を変えて「内臓のゴミ出しをしてくれているのだ」と喜んで出すようにしてください。

もちろん、もっとしっかりと「冷えとり」に取り組んでいく必要があると思います。

貴女は元々肝臓と腎臓が悪いので婦人科が良くないと思います。婦人科には「冷え」が大敵ですので、まだ「冷えとり」を始めて間もないようですから、これからじっくりと冷えを取っていくと徐々に体質も変わってくると思います。精神的にも今より楽になると思います。

肝臓が消化器を攻めますので、吐き気や嘔吐、膨満感など消化器の毒出しの症状になります。頭痛は、足が冷えているので「冷え」が溜まり、脳の血管が縮んで血流が悪くなるので起こります。便秘は「冷え」で大腸の毛細血管が縮んで血流が悪くなり起こります。

いずれにしましても「冷えとり」をしっかりと取り組んでいけば徐々に良い方へ向かいますので、頑張って続けて下さい。

不妊治療はとても大変ですよね。私は一度も妊娠出産したことがありません。私が若い時はもっと不妊治療の精度が低くて、高額だし大変という事もありましたし、母の急逝や寝たきりに近い祖母の介護など色々と家庭の事情もあり、諦めました。その頃はまだ「冷えとり」が無い時代です。あればもっと色々楽になっていたと思います。

周りの方々には事情を話しても理解してもらえず「何故子供を作らないの?若いから遊びたいと思っているのは我儘よ」と毎日誹謗中傷されて、身も心もボロボロでしたので、いつもカリカリトゲトゲしていました。もうこの歳(63歳)にもなれば精神的にも図太くなりましたので、今なら誹謗中傷する奴らに思い切り反撃できます(笑)。

貴女の辛い気持ちは良く分かります。

今まででも、不妊治療を続けていて中々上手くいかず、精神的、肉体的に疲れてしまって「冷えとり」をした結果、子宝に恵まれた方もいらっしゃいますので、頑張って「冷えとり」を続けて下さい。

ご丁寧なお返事、大変ありがとうございました。
文献により違いがありまして、りんごは消化に良く、麦茶や緑茶は逆に身体を冷やすと思っていたのでおどろきです。そうなのですね!肝臓や腎臓まで悪いとは、ちょっとショックなのですが、そこまで冷え、毒が溜まっているのですね。それが今、一気に出てきているのですね。もっとしっかりと冷えとりに取り組んでいく必要がある、というのは、引き続き長い目でみて、冷えとり靴下、半身浴、腹八分目などに気をつけて取り組んでいけば良いということでよろしいでしょうか。

貴女だけではなく、殆どの人が内臓に「毒」を溜めています。それに足元を冷やしているので「冷え」も溜めています。しかし自分では分からないのです。

しっかりと「冷えとり」を実行(半身浴、靴下の重ね履き、湯たんぽなど)して内臓の毒(ゴミ)を出していけば、徐々に良い方向へ行きますので、頑張って続けて下さい。

それから、腹八分目というのは中々難しいです。私のブログでも書いていますが、私は中々「腹八分目」が出来ません。

「腹八分目」は「食事の時間になって、食べたければ食べれば良いですが、食べたくない時は量を減らしたり、無理に食べないで済ます」というようにすると、気が楽になります。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

ありがとうございます。承知致しました。そのように言って頂くと気が楽です。気長に続けていきます。

寝汗もよくかきますし、今は口内炎もできて舌も荒れていますし、嘔吐を繰り返して食べれなかった際、気付くと歯茎が痩せたのか、歯の生え際にブラシが当たると神経に触ったような痛み?知覚過敏のような感覚が1ヶ所あります。こういうメンゲンもあるのでしょうか?

ある程度固形物が食べれるようになれば戻るのかなと考えつつ、歯医者へ行こうかと思っていますが。何度もすみません。

歯茎の件ですが、消化器の毒出しでよく歯茎に症状が出ます。

歯茎の調子が良くないと食べにくいですよね。そうして体が食べ過ぎないようにしているのです。が、辛いのなら歯医者さんにお世話になるのも良いと思います。

後はご自分でご判断ください。

私はブログでも書いているように、子供の時から歯が弱くて歯医者さんのお世話になっています。現在も、グラグラで痛い歯があり、暫く騙し騙ししていましたが、そろそろ限界なので盆休み明けに歯医者さんを受診しようと思います。

それから、口内炎も消化器の毒出しです。歯茎と同じで口内炎が出来ると食べにくくなりますので、食べ過ぎないように体が症状を出しているのです。

寝汗は、主に心臓の毒出しです。夜中は毒が出やすい時間です。

元々「冷え」が酷いので、腎臓(一番冷えに弱い臓器)に毒が溜まり、その毒が心臓を攻めますし、心臓は消化器の毒を受けますので寝汗として毒出しをしています。心臓の毒は汗と言う形で出やすいのです。

いずれにしましても「冷えとり」を実行していけば徐々に改善されますので、本を参考にしっかりと実行してください。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました