>>22年12月17日(土) 子すずめ・くらぶのお話会 in 名古屋 【予約受付中】<<

【冷えとりQ&A】冷え取りで、鬱病は治るのでしようか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 MS様より

質問です。
冷え取りで、鬱病は治るのでしようか?

鬱病についてですが、以前にずっと鬱病だった方が「冷えとり」に出会ってしっかりと実行した結果、快方に向かった方がいらっしゃいます。
その方は、薬をかなり服用していて、全て断薬して頑張ったのですが、かなりの瞑眩(毒出し)で、半年くらいかなり苦しんで乗り越えて下さった方です。

鬱病の場合は、主に腎臓、肝臓、肺の毒が多いとなります
腎臓は一番「冷え」に弱い臓器ですし、肝臓の毒を貰います。
肝臓と腎臓の毒が多いと脳に影響が出やすくなります。
腎臓の毒は肺が貰います。肺は肝臓を攻めますので、主にこの3つの毒が影響しています。

五行説

腎臓の毒が多いと消極的になり、怖がりになります
肝臓の毒が多いとせっかちになりがちで感情的になり易く、不眠症になり、特に午前1時~3時は肝臓の時間ですのでその時間に目が覚めやすく、眠りが浅くなります


肺の毒が多いとメソメソと悲観的になりますし、肺の毒と肝臓の毒が多いと神経質になり、細かいことが異常なほど気になるようになります。

上記の方の他にも「冷えとり」で鬱病を治した方もおられますが、根本治癒である「冷えとり」には即効性がありませんし、瞑眩(毒出し)が嫌になり途中で止めてしまう方が多いようです。

貴女にも頑張って「冷えとり」で克服していただきたいと思いますが、ご自身のお考えでお決めいただけましたら有難く思います。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました