>>22年12月17日(土) 子すずめ・くらぶのお話会 in 名古屋 【予約受付中】<<

【冷えとりQ&A】靴下を履く時に、腰や背中が痛くなるような気がします。

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 みゆ様より

いくつか聞きたいことがあります。
靴下は現在12枚程ですが、毎日のことなので履く時、腰や背中が痛くなるような気がします。
よい方法ありますか?

左足親指爪が厚くなっています。他の指は普通です。
これはいつか剥がれるのでしょうか?

私は今49歳ですが、小さい頃から白いパンや白飯を好む傾向あり、トースターで焼いたり味付けご飯等、進んでは食べません。
肺は白と関係があると聞きますが、何か関係ありますか?

小学生と時と20歳の頃、アトピー皮膚炎を患いました。
飲み薬より塗り薬を塗って治しましたが、まだ毒が残っているから肺が悪くなったのでしょうか?

宜しくお願いします。

靴下を履くときに腰や背中が痛くなるのは、まだ「冷え」が酷いからだと思います。
ご自分で椅子を使うなど痛くない方法や姿勢を工夫していただいて、しっかりと重ね履きを続けていただきたいと思います。
もっと「冷え」が取れれば痛みが無くなってくると思います。

左足親指は、肝臓と消化器の指ですので、その毒出しだと思います。
肝臓の毒は爪に出やすいという事もありますので、そういう形で出ていると思います。
そういう形の毒出しの話を今まで何人かの方々から聞いたことがあります。
「時が来たら、ポロっと取れて後から綺麗な爪が生えた」というお話でした。
貴女もその時を待ってください。

肺と白は関係がありますので、白いパンやご飯を好んだのかもしれませんね。
肺の毒をアトピー性皮膚炎で出していたのですから、肺の毒が多かったのだと思います。

体が肺の毒をアトピー性皮膚炎として出していたのに、塗り薬や飲み薬で押し込めてしまったので、肺の毒がまだ出来っていないのだと思います。
その頃は「冷えとり」とまだご縁がなかったのですから仕方がありません。

今は「冷えとり」を実行しているのですから、このまま続けて行けば肺の毒が減っていくと思いますので、頑張って続けていただけましたら嬉しいです。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました