>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

毒出しが長く続く理由-聖火リレーが始まりました

めんげん
この記事は約4分で読めます。

福島県からスタートした「聖火リレー」が全国各地を巡るそうですね。
愛知県は終わり、隣の県の三重県に移りました。

こういう時期なので、心配もあったようですが、リレーに参加なさった方々だけではなく沿道の方々も皆さんとても嬉しそうでした。

自国開催のオリンピック・パラリンピックの聖火を掲げて走るのは、一生に一度あるか? 無いか? ですから嬉しいですよね。

「新型コロナウイルスの変異型が増加しつつあるので、聖火リレーを中止したほうが良いのではないか? 」と言うご意見もありますが、あくまで私個人の意見ですが「しっかりと感染対策をすれば良いのではないか? 何もかも遠ざけてもいけないのではないか? 」と思います。

今まで「冷えとり」をしっかりと実行している方々からは「新型コロナウイルス」にかかったという話は聞いていません。まだ、科学的な確たる証拠があるわけではありませんが「やはり冷えとりは免疫力アップに効果があるのではないか? 」と思いますので、皆様「冷えとり」強化で頑張って下さい。

毒出しが数ヶ月続いて不安です

「色々な症状が出てきて毒出しと分かっているけれど、もう数か月も続いています。心配ないでしょうか? 」このような質問を多くいただきます。

私は「長年溜め込んでいた全部の毒(ゴミ)がすぐにさっさと出ていくという事は無いですから、気長に頑張って下さい」とお答えします。しかし、中々不安という感情に囚われてご理解いただけない事が多々あります。

私も「冷えとり」をはじめて暫くした頃に、色々な瞑眩(毒出し)を経験させられました。歯痛・坐骨神経痛・湿疹・腰痛・膝痛・下血などなど、様々です。

今でも色々な瞑眩がありますし、特に湿疹は10年以上続いています。

瞑眩の真っただ中にいると、不安になりましたが、その度に靴下を増やしたり、半身浴の時間を長くしたり、湯たんぽを増やしたりなどと「冷えとり」を強化していると、知らぬ間に楽になっていたという経験があります。

峠を越えると楽になるのですが、暫くするとまた峠が来るようで、そういう事を繰り返しながら徐々に毒が減るのだと思います。

それに、冷静に考えると、症状が酷くても何となく必要最低限の家事や仕事が出来ているという事が分かりました。それだけ、内臓は元気になってきているという事だと思います。それは、家の中のゴミを出したら家の中がきれいになりますよね。それと同じだと考えると分かり易いと思います。

今では、瞑眩があると「よし、どこまで踏ん張れるか、自分を試してやろう」と思えるようになりました。

毒出しは焦らずにゆったり構えて取り組もう

人間の体はとても良く出来ているようで、今まで溜め込んでいた毒を思いっきり放出したら、その人の体が命に係わるほど大変な事になりかねません。「今だったらこのくらいが耐えられるだろう」と上手く調整しながら出してくれているようです。だから、焦らずにゆったり構えて取り組んでいただきたいと思います。そういう瞑眩を乗り越えていく時には、精神的にも鍛えられますので、心も体も強くなるようです。確かに辛いですけれどね。

特に肝臓が悪い方は、せっかちですので焦ったりしがちです。

「冷えとりしていればなるようになるさ」と、のんびり構えて踏ん張っていただけたら嬉しいです。が、以前からお伝えしているように、ご家族が強く心配しておられるようでしたら、病院を受診してくださいね。周りの方々を安心させることも大切な事です。

周りに迷惑をかけない(他人本位)なら、どんな選択になるか?

よく年配の方から「白内障で見えにくくなってきて、車の運転が不安なので眼科を受信したら、手術を勧められたけど、どうしましょう? 」と言うようなご相談もいただきますが「見にくい眼で運転をして事故を起こしたらそれこそ大変ですので、手術を受けた方が良いのではないでしょうか? 人身事故など起こしたら一大事ですよ。手術後にしっかりと冷えとりをすれば治りも早いのですから、しっかり取り組んで下さいね」とアドバイスをします。

ちなみに白内障は、消化器と肺の毒出しだそうです。五臓色体表からすると肺の色は「白」になりますので、レンズが白く濁るのだそうです。

周りに迷惑をかけないように臨機応変に考えて下さいね。

さて、この時期は入学式や始業式の時期のようです。新入生の皆さんおめでとうございます。楽しい学校生活が始まりますね。

今、思い出すと、父は医者ですが「勉強しろ」とは言わない人でした。勉強よりも自然の中で遊ぶ事を教えてくれました。よく海や山に連れて行ってくれて、自然の中の生き物の事や食用になる木の実や野草のことなど、そんな事ばかりを教えてくれたような気がします。やはり変わり者なのでしょうね?

タイトルとURLをコピーしました