>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

【冷えとりQ&A】第一頚椎と右肩・右腕〜右手小指にかけての冷えや、午前3時前後に目が覚めるのはどのような状態なのでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約3分で読めます。
相談内容 むく様より

7年前に冷え取りに進藤先生の本に出会い冷え取りを始めました。
靴下を履きはじめた翌朝から驚くほど体調が改善し、それから365日24時間冷え取り生活をしています。

肥満から花粉症まで、大袈裟ではなく、何もかもが治りました。家族も私の変化を目の当たりにして、冷え取りを始めまして、健康で楽しい毎日を過ごしております。進藤先生、幸恵さんには大変感謝しております。本当にありがとうございます。

これまでに様々なめんげんを経験しておりますが、何度も繰り返しやってくるのが、第一頚椎と右肩・右腕〜右手小指にかけての冷えです。生活に差し障りはないのですが、キンキンに冷えます。冷えている時はシルクのネックウォーマーやアームウォーマーなどを身につけて過ごしています。
2週間程度で症状はなくなりますが、また数日前から症状が出始めまして。体感としては、肺・気管・気管支から来ているように感じでいます。

またこのところ就寝時間に関わらず午前3時前後に目が覚めて、そのまま起きると言う日が良くあります。睡眠時間が少なくても全く気にはなりません。

幸恵さんのこのサイトを見つけまして、この機会に質問をさせていただきたくなりました。私のこれらの症状から私の体はどのような状態だと思われますか?
お差し支えなければ、ご回答をお願いいたします。

私のブログを読んでいただいて解決して下さったとの事、有難うございます。
補足としまして書かせていただきます。

しばらく「冷えとり」を続けていますと、今まで出せなかった奥の毒を出す力が付くので今までにない症状が出てきますし、冷えに対して敏感になりますので、キンキンに冷えているのを感じるのです。体が「まだ冷えが強いから、もっと足を温めて下さい」と訴えているのがすぐに分かるような事です。

世の中には、真冬でも裸足で平気な人がいますが、そういう人は逆に冷えが酷くて、体が何とかしようとして表面の血管を拡張するので、表面だけ火照っている状態です。
そう思うと、いち早く「冷えてます!」という警報が鳴るので有難いですね。

第二頸椎は、肝臓と胆嚢に関係していますが、第一頸椎は分かりません。申し訳ありません。
右に症状がよく出るのは、主に肝臓の毒出しが多いと考えられます。
肝臓は筋肉と関係がありますし、肩と腕は消化器の毒がよく出ます
小指は、腎臓・膀胱・婦人科の毒がよくでるところです。

午前3時前後に目が覚めるのは、主に1時~3時までは肝臓3時~5時は肺の毒が出る時間です。
今は秋なので、肺の毒が出ていると思います。

いずれにしましても、もっと「冷えとり」を強化して毒出しをしていけば徐々に症状が軽くなると思います。
その後にもまだ色々な形で「毒出し」があると思いますので、頑張って「冷えとり」を続けて出すようにしてください。

私は「毒が出るのと歳をとるのは生きている証拠」といつも思っています。

これからも「冷えとり」を続けて下さいね。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました