>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

【冷えとりQ&A】膝がきしむ。冷えとりをしていても、年齢には抗えないのでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約3分で読めます。
相談内容 ふくふく様より
初めてメール質問させていただきます。ふくふく、と申します。年齢:40代後半
冷え取り歴:8年
靴下:10枚(絹&ウール)
レギンス:6枚(絹&ウール)
半身浴:40分/日
食事:少食、1日2回今回のご相談は「ヒザがきしむ」ことです。起床時や、掃除でしゃがんだ時に膝がキシむ音がします。激痛で動けなくなったこともありました。

著書で、膝は消化器官の関係(食べ過ぎ)と書かれていました。テレビCMや、折込チラシには、膝に関連する商品が多いように思います。それだけ、現代人は膝の悩みは多いのでしょうか?

冷え取りをしていても、年齢には抗えないのでしょうか?膝に良い、冷え取り法がございましたらご教授ください。宜しくお願いいたします。

膝に関しましては、消化器の毒出しです。私は高校生の頃に、運動部(バドミントン)をやっていたのですが、左膝に水が溜まり病院で抜いたり、シップを貼ったりという事がありました。

いつもサポーターが手放せなくて、特に夏の冷房や冬の寒い日は痛みが強くて大変でした。その頃はまだ「冷えとり」がありませんでしたので、仕方がなかったのですが、最終的には医師から「膝の中の半月板という骨にヒビが入っているから、そのうち手術しないと治らないよ」と言われました。

その後は「冷えとり」で何とか完治したのですが、今でも甘いものを食べ過ぎたりすると痛くなります。甘い物断ちをして、半身浴を長くしたり、湯たんぽを増やしたりしていると自然に痛みが無くなりますので、有難いです。先日も軽い腰痛がありましたが、今は治っています。

年齢ですが、私は現在63歳です。若い時に比べればさすがに体力が衰えたりという事はありますが、膝痛に関しては年齢は関係ないと思います。

それから、現代は「飽食の時代」ですので、世間的に皆さん食べ過ぎをして、膝痛に悩む方が多いと思います。だから、企業側からしたら良い市場になるのかもしれません。その為に、色々なサプリメントなどの情報やメディアに良く取り上げられたりするのです。

就寝時の湯たんぽや半身浴の時間を延ばすとか、もっと「冷えとり」強化していけば膝も良くなると思います。靴下の枚数も増やしてみると色々変わってくるものがあると思います。私は、相変わらず26枚靴下を履いています。

上記の膝痛に悩んでいた若い頃は、裸足やストッキングでした。今のように靴下を沢山履くようになった一因は、膝が痛くなった時に靴下の枚数を増やしたら楽になったことです。そこからドンドン増えていきました。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました