>>22年12月17日(土) 子すずめ・くらぶのお話会 in 名古屋 【予約受付中】<<

【冷えとりQ&A】冷えとりを始めてから次々と体調を崩してびっくりです。冷えとりの意味があるのかと心が揺らぎます。

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 もも様より

冷えとりを始めて一年。
この一年でぎっくり腰二回、逆流性食道炎、扁桃炎、不正出血を患いキツくて我慢できず薬を飲んでます…。次々体調崩してびっくりです。

冷えとりの意味があるのかと心が揺らぎます。このまま続けていけば良くなっていくでしょうか…?

毎日足湯を30分くらい、靴下4枚~5枚、絹ウールレギンス1枚です。

ご質問の件ですが、ぎっくり腰は主に第5腰椎(陽関という冷えが溜まるところ)か第2腰椎(腎臓が関係しているところ)の組織が「冷え」で硬くなって、限界が来た時にどちらかに強く引っ張られるので起こるようです。特に「冷え」と関係が深いです。

逆流性食道炎は、消化器と肝臓が関係しているようで、その毒出しです。
扁桃腺は消化器と肺が関係しているようで、その毒出しです。
不正出血は、主に婦人科(肝臓・腎臓)の毒出しです。

今までの経験上「冷えとり」をすると症状が酷くなることがありますが、それは今まで出せなかった「毒(ゴミ)」が出せるようになっているからです。

こちらとしましては、そういった症状で体が「毒出し」をしていると考えています。全ての症状は毒出しです。

出来ましたらもっと靴下の枚数を増やしたり(私は毎日26枚履いています。ズボン下は4枚です。)していただきたいです。体調の優れない方は10枚くらいは履いていただきたいと思います。

足湯の時間はもちろんですが、半身浴を時間の許す限り長く入ったり、就寝時に湯たんぽを入れて寝たり、薬を飲みながらでも、もっと「冷えとり」を強化して続けていけば、徐々に良い方向へ向かうと思いますが、どうしても続けられないようであれば、お止めいただいて様子をみて頂ければ宜しいと思います。
嫌々続けても却って不安が強くなり、良くありませんのでご検討いただけましたら有難いと思います。

暫く止めてみて、もし、また「冷えとり」を実行したくなったらその時に再開すれば良いと思います。ご検討ください。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました