>>新発売 [改訂版]これが本当の「冷えとり」の手引書<<

【冷えとりQ&A】ぎっくり腰は長年の冷えとお酒が原因なのでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約3分で読めます。
相談内容 タフィーチュ様より

冷え取り歴3ヶ月程です。毎月靴下など買い足している最中です。
靴下:7枚(絹、ウールを重ねた上に綿靴下)
レギンス:絹ウールの上に綿の2枚、絹綿のレッグウォーマー1枚
半身浴:長くて1時間、短い時はゼロ
幼児が二人居るので、一緒に入る日は子供優先にしていて湯船に浸かれません。

ぎっくり腰について質問お願い致します。
結婚するまで20年近くホステスをしていました。真冬でも叶姉妹の様な薄着、素足にオープントゥのハイヒールでクーラーのきいた店内で過ごし、健康にいいと信じて真っ裸で寝ていました。
日中も素足でミニスカートが多く、先生の著書にある様なやっては駄目な格好でした。

ぎっくり腰と頻繁に感じる腰の重だるさを改善したくて冷え取りを始めました。
なのにまたぎっくり腰をしました。
散々な生活をしていたのですぐに治るとは思っていませんでしたので、瞑眩来たなぁと思っています。

靴下は踵が破けました。婦人科が悪いのは意外でしたが、緊急帝王切開で出産したので心当たりはあります。

個人的には腎臓か肝臓の方が悪いと思っています。それこそ20年近く毎日ワイン2、3本飲んで来ました。
先日久し振りに深酒して翌日ぎっくり腰です。私の場合、体が左に引っ張られて真っ直ぐ立てなくなります。
長年の冷えとお酒が原因なのでしょうか?

またぎっくり腰は第5腰椎の冷えだとこちらのコラムなどでも拝見していますが、腰をカイロで温めるのも良い方法ですか?
湯たんぽはまだ蓄熱式ですが、ゴム製を買おうと思っています。陶器は蹴って湯をこぼしそうなので、、。

お手隙の際にご回答頂けましたら幸いです
宜しくお願い致します。

ぎっくり腰の件ですが、ぎっくり腰は主に第5腰椎(陽関と言って冷えが溜まるところ)とか第2腰椎(腎臓が関係)が関係しています。
「冷えとり」を始めて徐々に昔溜めていた「毒(冷え)」が出るようになっていますので、長年溜めた「冷え」(ワインや服装)が今回そのような形になって出たと思います。

湯たんぽは、陶器が無理ならゴム製でもプラスチック製でも構いませんので、入手しやすい物から試してください。
どうしても辛い場合は、腰をカイロなどで温めてみるのも良いと思います。
靴下も、取り急ぎ家にある物を沢山重ね履きしてみてください。それだけでも楽になります。

半身浴ですが、子供さんは何歳か分かりませんが、湯船に立てるくらいなら一緒に入ってお母さんはお風呂用の椅子を湯船に沈めて座り、子供は立たせた状態で絵本など読んだり、遊んであげたりすれば長く入っていられ、両方とも半身浴状態になります。他にも色々工夫してみてください。

まだ「冷えとり」を始めて間もないのですから、焦らずに「毒出し=ゴミ出し」して下さい。

これからも頑張って「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました