>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

【冷えとりQ&A】左足先と甲が冷えます。冬は膀胱炎を繰り返します。

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 まめまめ様より
冷えとりを始めて、1年3ヶ月になります。
左足先と甲などを中心に、全身冷えます。半身浴に長く入らないとなかなか温まりません。
右の股関節は、数年前より痛みがありましたが、今は少し楽になりました。右膝裏に、時々痛みがあります。
冬は、膀胱炎を繰り返します。
冷えとりを淡々として、健康に毎日過ごせる様にと思っています。
毎回の配信励みになります。

左は主に心臓の毒出しですが、左右関係なく、足先や甲が冷たいのは「冷え」に敏感になったという一つのサインです。もっと靴下を増やすなどして「冷えとり」を強化してください。

左右関係なく、股関節は消化器の毒が出やすいところです。

膝裏も左右関係なく婦人科(子宮・卵巣などで男性なら前立腺・睾丸)の毒が出るところです。婦人科は肝臓と腎臓が関係していますが「冷え」が婦人科の大敵という事もありますから、しっかりと「冷えとり」をしてください。

冬の膀胱炎は、主に腎臓の毒出しです。冬は腎臓の毒出しの時期ですが、消化器の毒が腎臓を攻めるので腎臓の「腑」である膀胱から毒を出しています。

私も膀胱炎の経験があります。甘いものを沢山食べた時になりましたので、暫く甘い物断ちをしたら治りました。膀胱炎の「炎」は「炎症の炎」です。「炎」は爛れるという意味もあり、白砂糖は「爛れる、緩める、弛ませる」という作用があります。

膀胱炎の症状が出たら「冷えとり」を強化して、甘いものを暫く控えると改善されると思います。やってみてください。

配信を楽しみにして下さり有難うございます。これからも頑張ります。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました