>>めんげん辞典<<

【冷えとりQ&A】ギックリ腰は何に気を付ければ良いのでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 YI様より

冷えとりは10年やっております。
秋冬になると、毎年一回は、何かの弾みにギックリ腰になっています。
今朝は顔を洗うために蛇口に顔を近づけた時でした。

幸い寝込んだりするまでは行かず、2、3日で治ることがほとんどですが、生活に支障をきたします。何に気を付ければ良いのでしょうか。

ぎっくり腰は主に「冷え」が原因です。第五腰椎(冷えが溜まるところ)の周りの組織が「冷え」で血行が悪くなって硬くなり、限度が来ると一方向に引っ張るので、急に酷い痛みになるようです。

靴下の枚数を増やしたり、半身浴を長くしたり、就寝時の湯たんぽを増やしたりなどもっと「冷えとり」を強化してください。

本(幸せになる医学 これが本当の「冷えとり」の手引書)の中で、「正活絹」の靴下を作って下さっている方との対談の記事があります。(宜しければ読んでみてください)
彼は、昔は年に数回酷い「ぎっくり腰」になって大変でしたが、当方とご縁があり徐々に「冷えとり」を実行するようになってから、完治しました。

今では、私が靴下を発注するときに雑談をした時に「昔はぎっくり腰で大変だったね」と言うと「あ、そうだった。すっかり忘れてた」と返事が来ます。

貴女ももっと「冷え」が抜けてくれば改善されると思います。
これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました