>>22年12月17日(土) 子すずめ・くらぶのお話会 in 名古屋 【予約受付中】<<

甘いものは便秘の元-食べてよいのは全体の○%?

めんげん
この記事は約4分で読めます。

秋も段々深まってきましたが、先週末は私が住んでいる愛知県の気温がかなり高くて、日中は27度くらいの日もありました。(9月中旬から下旬くらいの陽気)

しかし日中高くても、夕方になると気温が下がり、過ごしやすくなっていました。そしてここに来て、急にまた朝晩寒いくらいに冷え込むようになりました。

北海道では山間部で積雪があったとニュースで報じられていました。今年の激しい寒暖差にはビックリですね。

愛知県は晴天が続いているのでその辺りは有難いですが、関東地方はずっとお天気が悪く、気温も低めだそうですが、それはそれで色々大変ですね。

体調を崩さないように今からでも「冷えとり」を強化してくださいね。

[体験談]甘いものを食べると便秘になる

さて、秋は主に肺・大腸の毒出しの季節という事で、少し前に「下痢」や「便秘」のお話をさせていただきました。

その中で、便秘についてですが「足元を冷やしていると大腸の毛細血管が冷えで縮まり、血流が悪くなるので、大腸の動きが悪くなり便秘になりやすい」と述べさせていただきました。

しかし、それだけではなく、極端に沢山甘いものを食べても便秘になり易くなるようです。

かなり前に、ある方からお聞きした話ですが、その方の友人の娘さんがかなり酷い便秘になってしまい、辛くてどうにもならなくて大学病院にまでかかったそうです。

その後も中々改善されないとの事でしたので、その方が「冷えとり」を教えて実行したところ徐々に便通があるようになったとの事でした。

もちろん、足元を冷やしていて「冷え」が溜まっていたという事もありますが、その娘さんの場合は、一人っ子という事もあり、幼いころから両親にとても大事にされていたそうです。

特にお母様が食生活にはとても厳しかったらしく「この子の体の為に甘いお菓子や甘い飲み物は一切与えない」といつも言っていたそうです。かなり厳しく強制的に制限をしていたとの事でした。

娘さんが大人になって、自分で収入を得るようになった時に、今まで厳しく制限されていた反動で甘いお菓子や飲み物を沢山買い込んできて、毎日食べ続けたそうです。

その結果が酷い便秘となって現れたとの事でした。

本にも書いてある通り、甘いもの(白砂糖を多く含んでいる物)は体を冷やす食品に当てはまります。急に極端に大量に食べると体に「冷え(毒)」を溜め、体に悪影響を及ぼします。

体を冷やす食品も食べて良い

とは言え、全く食べないというのは逆に良くないようです。本に書いてある通りに体を温めるものばかりを摂ると体が怠けるので、相反する性質を持つ冷やす食品を全体量の0.5~10%くらいは摂ると体が頑張るので良いそうですよ。

以前にも述べましたが「隠し味」と言う考えに基づいています。例えば日本の和菓子はお砂糖ばかりではなく、ある程度の塩を混ぜて甘いばかりではない程よい甘さに仕上げます。それと同じです。

以前に「漢方薬を処方する際に少しだけ逆の成分を加えると効果が高くなる」と漢方医から聞いたことがあります。

この世の何事も、その時々で柔軟に考えるというのは東洋的な良い考えなのでしょうね。

冷えとりで、食の好みが変わる

「冷えとり」を続けていると、徐々に食べ物の好みが自然に変わってきて「あのお菓子を前はあんなに好きで毎日食べていたのに、気が付けば最近はたまに食べれば満足で、そんなに沢山食べなくなってきた」と言うように自然に変わってきます。

私の場合は、子供の頃からフルーツが大好きで、毎日何か食べなければ気が済まなかったのですが「冷えとり」を実行して行くうちに、そんなに欲しく無くなってしまいました。

友人と外食をした時やギフトなどで頂いた時は有難く感謝して食べますが、昔のように毎日買ってまで食べたいと思わなくなりました。

「冷え」が取れてくると、血流が良くなり内臓が元気になるので、今まで働かなかった良い感覚が正常に起動してくるという事らしいのです。面白いものですね。

先ほどの娘さんのように、強制的に厳格に制限をされていると何かのきっかけで「欲」が暴走してしまい、悪い結果になりかねませんのでご注意ください。

体が要求しないから食べないというのなら自然で楽ですが、要求しているのに制限されるのは辛いものです。

毎日の食事の量でも、自分が欲していれば食べれば良いですし、食事の時間が来ても食べたくなければ食べないとか量を適当に加減すれば良いと思います。

ガチガチに考えずに臨機応変にお考え下さい。

何事も強制されて嫌々従う事は良い結果が付いて来ないと思いますので、良かれと思って他人に「冷えとり」を勧める際にはご注意ください。

偉そうな事をさんざん書きましたが、私自身は相変わらず毎晩酎ハイの晩酌を楽しみ、アイスクリームも適当に食べています。最近は時々右膝(消化器の毒が出るところ)が痛くなってきました。反省あるのみです。すみません。

気温が下がってくると「冷えとり」に取り組みやすくなりますので、続けて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました