>>冷えとり勉強会スケジュール<<

【冷えとりQ&A】首にアトピーのような湿疹。ヘアカラーや化粧は?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約4分で読めます。

皮膚からの毒出しは、何とも言えない嫌な感じがしますよね。ヘアカラーや化粧についても参考にしてください。

相談内容 うーちゃん様より
冷えとり10年目です。
6月くらいから首、首筋からアゴ、鎖骨あたりにアトピーのように湿疹が出ました。ひどいときには首が突っ張りほてり、掻いて掻いて、汁が出ても薬は塗らず、掻いてます。ようやく今は落ち着いています。

瞼も赤くはれぼったくなり、化粧でごまかして仕事に行きました。今はピークは越えたような気がします。

今までにない毒だしで、へこみました。どこの毒出しですか?

あと、白髪でヘアカラーをしたいのですが、皆さんどのようにされてますか?

最近は化粧品もいろいろ使わず化粧水に繭のクリームにパウダーファンデくらいです。

アドバイス頂けたら嬉しいですよろしくお願いします。

 

首、首筋、鎖骨の場所は主に消化器の毒がでるようです。私も十数年前から出ています。

私の場合は、首(両横、後ろというかボンのくぼ辺り)、耳の後ろ(ここも消化器)にも出ています。後ろ頭の髪の生え際辺りにもぼこぼこ出ています。痒くてしょっちゅう掻いています。

ボンのくぼ辺りは、婦人科(男性なら前立腺・睾丸)の毒が出る場所です。脇の下もそうです。腋臭や腋にだけ汗をかく、などもそうです。

皮膚からの毒出しは、経験したことのない方は分からないと思いますが、皮膚の奥の方から湧き出てくるような感じで、ムズムズするというか、何とも言えない嫌な感じです。

私も前に比べると収まってきましたが、今でも首が痒くてがりがり掻いた後、汁でバリバリになってヒリヒリしたりで、特に暑い時は汗が染みて大変です。

以前は余りにもボロボロでしたので、中々美容院に行けずにいました。

意を決して、いつもの美容院に行き、担当の美容師さんに「こんな状態で気持ち悪いと思うけどごめんね」と一言言っていました。相手は商売ですので「全然大丈夫ですよ」と言ってくれていましたが「きっと嫌だっただろうなごめんね」といつも心の中で言っています。

今はボコボコした感じは無くなりましたが、全体に茶色になって少々引きつったようになっています。徐々に色が薄くはなっていますが、まだまだ長いお付き合いになりそうです。

貴女の場合、上瞼とアゴも出ているとの事ですが、上瞼は膵臓(消化器)でアゴは腎臓の毒が良く出るところです。

腎臓は一番「冷え」に弱い臓器でもありますし、消化器が攻めるのでその毒を受けるところでもあります。

顔の場合は、こまめに水で洗うと良いですよ。皮膚の毒は水に良く溶けます。水と言っても高額な「~の水」など使う必要は全くありません。普通の水道の水で充分です。

または、水で絞った布で拭くのも良いです。布はシルクがベストですが、無理に高いシルクの物を買わなくても、家のタンスの奥に眠っているスカーフとか、今まで使っていたシルクの肌着や靴下が破れた物で廃棄処分するようなものをキレイに洗って使えば良いです。

全くシルクが無い時は、コットンなどの天然素材100%のハンカチでも使ってください。

6月から出たのは、今まで毒(ゴミ)を出す力が無かったのがやっと力がついてきたという事です。

例えば、ゴミの日にゴミを出さなければいけないと思いつつ体調が悪いと「今日はしんどいからやめた。また今度にしよう」と思いますよね。それが続くとドンドンゴミが溜まってきます。でも、元気な時は「ついでにこれも出そう。これも、あれも出しちゃおう」と何回もゴミ集積所を往復出来たりします。

それが先ほどの「出す力がついてきた」という事ですから、その分、内臓は元気になってきていると思ってください。

それから、白髪ですが、私は今年で62歳になりまして、50歳過ぎたころから白髪が目立ち始めました。「どうしようかな?」と思っていましたら、友人が「ヘアマニキュアをかけてみたら? マニキュアは髪をコーティングするから傷まないわよ。私も前からやっているけど良いわよ」という事でしたので、美容院で相談して今でも継続してかけています。

しっかりと「冷えとり」をしていても、どうしても歳と共に白髪も出ます。仕方がありません。

行きつけの美容院などで相談をして、ご自分が気に入った方法でおしゃれを楽しんでみたらいかがでしょうか? 色々な方法がありますから。

私の場合は、10年くらい前から基礎化粧品を使わなくなってしまいました。ある日、残っていたクリームを顔に塗ったら何故かベタベタした感じで気持ち悪くなって、慌てて洗い流し、それ以来使わなくても良いようなので、そのままです。もちろん人それぞれですので、ご自分で判断してください。

家ではお化粧はしませんが、外出の時は直に化粧下地を塗ってその上にファンデーション、口紅、アイシャドウ、チークくらいでパパっと終わらせています。

汗をかかない時期は、いきなりBBクリームを塗ってその上にいつものポイントメークです。

美容院で鏡を見ると「まあ、肌が衰えたな」と少々慌てますが、元来そういうことにはズボラな性格ですので「ま、いいか。小皺は60歳過ぎているんだから当たり前だ。元々が大した顔でもないし」と言い訳してスルーしています(笑)。こういうのはオバちゃんになった証拠かな?

これからも「冷えとり」を続けてゴミ出し頑張ってください。

 

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました