>>進藤幸恵の冷えとりラジオ<<

【冷えとりQ&A】左の肩甲骨の辺りにしこりがありますが、これは何でしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約1分で読めます。
相談内容 SS様より

冷えとり歴10年、内絹外綿靴下を8枚+カバーソックスを履いています。半身浴は、3時間です。
主に、肺が悪いようで、皮膚にめんげんが出ています。

さて、質問ですが、左の肩甲骨の辺りに、丸餅サイズの『しこり』が出来て、3年になります。
触ると柔らかい、指で押すと弾力があり、可動性があり、無痛です。
これは、何なのでしょうか?

冷えとりで出た症状は、全てめんげんだと解っていますが、この機会にお聞きしようと質問させて頂きました。よろしくお願いいたします。

肩甲骨は主に肝臓の毒が出るところだと聞いていますので、肝臓の毒が出ているのだと思います。
皮膚に色々症状が出ていて、お察しの通りに肺からの毒ですので、肺は肝臓を攻めますからそういう形で出ているのだと思います。
左は主に心臓の毒が出るようですし、心臓の親は肝臓ですので、左の肩甲骨に出ているのだと思いますが、もっと毒が出てしまえば無くなると思います。

五行説

これからも「冷えとり」を強化して頑張って下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました