>>めんげん辞典<<

【冷えとりQ&A】本人に重篤感があるのは病気、重篤感がないのはめんげんなのでしょうか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約3分で読めます。
相談内容 KK様より

今月初め、風邪症状の件で相談をさせていただいたKKです。
その際はご丁寧に教えてくださり、誠にありがとうございました。

1か月半以上、だるさ、強い筋肉痛、首のリンパの痛みなど、色々とつらい症状が続きましたが、やっと最近抜けました。今は普通に動けるようになり、進藤先生のアドバイス通りに靴下の枚数、半身浴時間を強化しております。

特に半身浴の時間を増やしたら、本当に疲れが取れて快適です。
良いアドバイスに心から感謝しております。どうもありがとうございました。

お手数をおかけいたしますが、めんげんについてもう1点よく分からないことがあり、教えていただきたくまたメールをいたしました。

冷え取りを始めてから、本当に色々な症状を経験しました。顔の、硬くて小さなイボの出現(10個ほど)、デリケートゾーンの5センチ以上の痛みのあるしこり、歯茎の大きな膿、足の湿疹、足親指の激痛や腫れ、2重爪などなどです。今まで経験しなかったことばかりでした。2重爪と足の激痛以外は、どれも今は解決しました。

数日前から強い腰痛が発生していますが、これも過去のぎっくり腰のめんげんと思っています。毒が出ていると思い、うれしいです。

ただ、今回の風邪のめんげんについては、つらくてつらくて仕方なかったです。
めんげんについて色々調べたところ、本人に重篤感があるのは病気、重篤感がないのはめんげんといくつかのサイトでありました。
今回の風邪は重篤感が強かったですが、わたしはめんげんと信じたいです。

本人の重篤感や辛さのあるなしで、めんげんを見分けられるのでしょうか。とても不思議に思い、先生のご意見を伺いたく思いました。
お手すきの時に教えていただけましたら大変うれしいです。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

色々瞑眩を乗り越える事が出来て良かったですね。

ご質問の「重篤感があれば病気」というのは間違いです。重篤感があっても無くても全て瞑眩(毒出し)です。

一か月くらい前のブログにも書かせていただきましたが、一緒に「冷えとり」の活動をしている仲間が「どうなってしまうんだろう? 」と心配になるくらいの大変な瞑眩を乗り越えたというお話が載っているので、宜しければ読んでみてください。

私自身も、泣きながら耐えたくらいの色々辛い瞑眩を乗り越えてきました。父は「全ての症状は瞑眩である。世間ではその症状に病名を付けているのだ」と言っています。

ただ、今週のブログに書かせていただいたように、酷い瞑眩で自分も周りの方々も不安でどうしようも無い時は病院のお世話になって下さい。周りの方々を安心させてあげるのも大切な思いやり(他人本位)です。

私が全然知らない人が間違った「冷えとり」を語っている事が多いようですので、振り回されないようにしてください。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました