>>めんげん辞典<<

【冷えとりQ&A】外陰部の痛みについて質問後、私に起こっためんげんの経過。

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約2分で読めます。
相談内容 I.S様より

2021年12月に外陰部の痛みについて質問させて頂きました。
その節はお忙しい中、ご自分の症状も教えてくださり、ありがとうございました。

それから私に起こった、めんげんの経過をご報告させて頂きます。

痛みに強弱はあるものの、その痛みは2022年4月ぐらいまで続きました。
合計で4年近く痛みました。
その間に検診も兼ねて婦人科で相談したところホルモン療法を告げられました。
そこまでは進藤先生にもお知らせしました。

それでも今までの自分の中の経緯から治療・・という考えには踏み切れませんでした。
めんげん症状は、いろいろな湿疹や痛みが数年単位であったからです。

冷え取りに辿り着くまでには長く薬剤治療の経験もあり、それによって慢性肝炎に罹患してもいました。30年間に及びます。

外陰部の痛みが引いていく頃に受けた血液検査で肝炎の数値が正常値になっていました。

今も10年来の湿疹もありますが私の中では血液検査の結果は驚きでした。
血液検査の結果に一喜一憂はしていませんでしたが、やはり嬉しかったです。

めんげん渦中にいる時は経験談も救いになることは長年の経験でわかっています。
このサイトをご覧の、めんげんでお苦しみの方や、ご不安の方の少しでもお役に立てれば・・と思い投稿させて頂きました。

めんげんはとても辛く不安ですが何とか乗り越えていきたいものです。

進藤先生これからも、よろしくお願い致します。

体験談をお話して下さり有難うございました。

肝臓の数値が良くなっていたとの事で良かったですね。
色々な症状(毒出し)で肝臓の毒が減ったのだと思います。

私自身も皮膚に色々出続けていますが、頑張って出しています。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました