>>冷えとり勉強会スケジュール<<

私の過去最高(?)の瞑眩について

めんげんめんげん
この記事は約4分で読めます。

「冷えとり歴」40年近くの私でも、まだまだ毒が出ています。

まずは今年のめんげん

この夏は特に婦人科の毒が出ました。

両太ももの裏側(婦人科の毒がよく出る筋です)に湿疹が沢山出て痒いのなんの。ガリガリ、バリバリ掻いていましたら、皮膚がケロイド状になってしまいました。さらに暑い時期なので、汗っかきな私は沢山汗をかき、シルクの肌着が汗を吸って濡れ、その汗が染みてピリピリ痛くて大変でした。両太ももではありますが、主に左が酷く出ました。

最近はやっと収まりつつありますが、まだ皮膚は色が変わっている状態です。

左は心臓と消化器が関係しているようです。親子関係で、消化器の毒は親である心臓が受け取りますので、左側が酷く出るようです。アイスクリームが未だ止められずなので当たり前ですよね。(チコちゃんに叱られますわ)

さて、過去最高?と言いますか印象に強く残っている瞑眩が二つあります。最高と言うと一つだけですが、まあ大目に見てくださいませ。

その1:警告「甘いものを止めなさい」で散々な目に

一つ目は、階段を踏み外して4~5段ドンドンと尻もちをついた状態で落ちました。その時も今年のようにアイスクリームを夏から秋までずっと食べ続けていました。

当たり前ですが、痛かったです。お尻の丸いところは婦人科の筋でもあります。良く坐骨神経痛と言う病名を聞きますが、婦人科の毒出しなのですよね。

落ちていく時に、両手を着くわけですので、手首も痛めたようでした。

その数日後に、高いところの物を取ろうとして、脚立を使ったのですが、面倒だったのでいい加減な使い方をして、ずれてバランスを崩して落ちました。またまたお尻を強打し、さらにすぐ脚立が倒れてきて頭に当たりました。さんざんです。

これだけ警告で、体が「甘いものを止めなさい」と言っていたにも関わらず、まだ食べていたものですから、その数日後には今度は左の顔面が腫れあがりました。

2~3日後、三重県で勉強会の予定があり、慌てて「甘いもの絶ち」をしましたが、間に合うはずもなく、元々ブスなのにもっと酷い顔で勉強会に臨みました。

勉強会では主催者さんや参加者の皆様に「すみません。今日はこれこれこのような事情で顔が腫れています」と話をしましたら皆さん笑って許して下さったので、ほっとしました。

暫くの間は、両手首が痛くて、特に捻る動作が痛かったのを思い出します。右は早く痛みが無くなりましたが、左は続きましたので、心臓と消化器の毒出しです。

さすがに「骨にひびが入ったかな? 病院に行こうかな? 痛いけれど家事は何とか出来るからなあ。どうしようかな?」と迷っているうちに半年くらい過ぎて痛みが取れたので「ま、いいか」とそのままになってしまいました。(家族も知らん顔でしたし)

その2:やっぱり消化器の瞑眩

もう一つ、強く印象に残っている瞑眩は、ちょっと高い処から足を滑らせて落ちました。その時に思いっきり額を床に打ち付けました。もの凄い衝撃と音で、産まれて初めて花火みたいに「目から火が出た」と言うのを経験しました。

その後、右足を痛めているのにも気付きました。きっと落ちた時に捻ったのかもしれません。しかし足首ではなく足の甲が痛みと共に腫れあがってきたのです。足の甲が腫れると上手く足首が曲がらないようで、歩くのも大変です。しかし、誰も助けてくれる人はいません。何とか車を運転して用事や家事を済ませたりしたのですが、三日後には東京都内の仲間主催の勉強会の予定がありました。結局、痛い右足を引きずりながら東京まで出かけました。

額(おでこ)と足の甲は消化器の毒が出るところです。この怪我をする前から、甘いものを沢山食べていたと思います。

足の甲の腫れは数か月続きましたので、右だけ靴下を5枚ほど減らさないと靴が履けない状態になっていました(笑)。今では、右左関係なく足の甲に湿疹が出たりして、痒いので思いっきり掻いています。足首も消化器の毒が出るところですので、足首にも良く湿疹が出ます。

私は、余程消化器が悪いのでしょうね。

怪我は偶然の必然

世間では「怪我は偶然」と捉えますが、「冷えとり的」には「偶然の必然」と言いまして、内臓が溜まった毒を出すためにわざと怪我をさせています。却って「毒が出て良かった。その分内臓はきれいになった」と思っていただきたいのですが、このことを「冷えとり」に無縁な方に言ったら喧嘩になりますのでご注意ください。

心の中だけで「毒出しで良かったね」とつぶやくだけにして、無難に「あら、それは大変でしたね。早く治ると良いですね。お大事に」と言っておくのが賢明だと思います。

私にもこれからもっと色々な瞑眩(毒出し)があると思いますが、いつも「歳を取るのと毒が出るのは生きている証拠」と思いながら気長に受け入れようと思っています。

皆さんも頑張って毒出し(ゴミ出し)してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました