>>新発売 [改訂版]これが本当の「冷えとり」の手引書<<

【冷えとりQ&A】真冬になると太もも内側に冷気を感じます。スパッツを増やすより靴下を増やした方が良いですか?

冷えとりQ&A冷えとりQ&A
この記事は約1分で読めます。
相談内容 SS様より

真冬になると太もも内側に冷気を感じます。
スパッツを増やすより靴下を増やし、それでも冷気を感じるならレッグウォーマーで補う方が良いのでしょうか。
ご指導よろしくお願いします。

ご質問の件ですが、太腿の内側は主に婦人科の毒が出るところです。
婦人科は、肝臓と腎臓が関係していますし「冷え」は婦人科の大敵ですので、特に冬で寒さが厳しくなると冷たく感じて、いわゆる体からの警告が出ていると思います。

段々奥の「冷え」が出ますので辛いと思いますが、もっと「冷え」が抜けてくると辛さが軽くなると思います。

スパッツももちろん大切ですが、スパッツを重ねるよりは靴下を増やした方が有効だと思います。
私は、靴下を26枚履いていますが、スパッツは4枚です。余程寒い時はもう一枚増やしますが、大抵はこんな感じです。

真冬は特に足元を温めていただきたいので、靴下を増やすようにしていただけると良いと思います。それでも辛い場合は、お察しの通りでレッグウオーマーで補うと良いと思います。

これからも「冷えとり」を続けて下さい。

冷えとりに関するご質問は、以下のフォームから受け付けております。

冷えとりに関する質問
冷えとり健康法の質問を受け付けています。瞑眩が出て不安でしょうがない、緊急の場合などは、お電話でのご相談もご利用ください。「公開可能」としてご質問頂きました場合、後日ブログで公開させていただく場合がございます。
タイトルとURLをコピーしました